はじめに

CLAでは保護者の皆さまにご家庭での子育てのお悩み相談を受けたり、育児についてのアドバイスもおこなっておりますが、育児スキルを更なるステップにレベルアップさせ る「ペアレントコーチング認定プログラム」という有料セミナーも別途おこなっております。

子育てというものは、時にはイライラしてしまうフルタイムの仕事です。新しく親となった多くの人たちは、子育てしながら掃除、炊事、買い物をするのに加えて睡眠不足の状態になります。これらの仕事をこなした後はストレスを感じやすくなり、子供や配偶者に怒鳴ったり腹を立てたり・・・という形で出てきやすくなりがちです。

CLAでは、コーチングツールを使いながらストレスを減らして楽しいことを増やすことを教育の柱としていますので、それら育児の問題が解決し、親としての忙しい毎日を楽しんで過ごし始めることができる簡単な方法を「ペアレントコーチング認定プログラム」としてご提供しております。


ペアレントコーチって?

端的にいうと「育児スキルをもった保護者兼指導者」です。育児スキルの一例としては、ペアレントコーチは「すごくがんばってるね!」と子供を褒めることで自発的に正しい方向に導きます。

子供は注意を払われた行動を繰り返します。もし子供が野菜を食べてくれないときに親が「食べなさい」と言うと、「野菜を食べなければいけない」ということに注意を払うので、そのことが野菜に対してネガティブな感情をつくり上げ、結果として毎日子供が野菜を避けるようになり逆効果になることが多々あります。

そこで、子供が正しいことをしているときに「すごくがんばってるね!」と褒めると自信をつけていくので、よく子供をみて繰り返し褒めることです。(野菜をたべなかった、●●しなかった、などネガティブなときは注意を払いません。)するとネガティブな行動が減り、褒めたことをその後も何度も繰り返してくれるようになるでしょう。

どんなことを学ぶの?

ペアレントコーチング認定プログラムでは、成功のパターンを創り出すために必要な様々なツールを紹介していきます。これらのツールは下記の行動エリアで活用することができます。

Behavior Identification(行動識別) その行動を別の立場から捉えるプロセス。

Behavior Creation(行動創作) 新しい行動を創り出すプロセス。

Behavior Modification(行動修正) 行動識別と行動創作を活用して結果を変える。

認定ペアレント・コーチの声

プログラムを修了し、認定ペアレント・コーチとなった方々の感想を一部ご紹介します。

スクールから帰ってきてから、自分で宿題をチェックして、宿題をし、自ら勉強、ピアノの練習をして欲しいと考えて、行動改善してきました。 まず、どのような行動ができるかを子供と話し合い、子供の目標を聞き出し、その後、私には何を手伝って欲しいのか、どう声をかけて欲しいのかききました。できている時に認める声かけをし応援して、できない時は怒るのではなく、どうしたらできる様になるのかを子供に考えてもらう事で、少しずつ子供自身でできる様になりました。自分で決めてできる様になる事で自身につながっている様に感じました。子供なのでできないときもあります。その時は、ペアレントコーチで学んだ沢山のスキルを使っています。どれも親が押し付けるのではなく、子供のやる気を引き出す関わり方なので、子供が楽しそうにやってくれます。

  

今まで、ダメダメばかり言っていた様に思います。それが欠点ではない、使う時間と場所を間違えているだけだと、ペアレントコーチで教えてもらってからは、増やして欲しい行動に注目して、減らして欲しい行動には注目をしなくなりました。そうする事で、不思議と子供は怒っていたときよりも、適切な行動をしてくれる様になったのです。  無駄に怒る事が無くなったので、私自身がいつも穏やかな気持ちでいる事ができますし、子供との会話が増えた事で、子供との信頼関係もました様に思います。今では子育てが楽しくなりました。

  

お申し込みはこちら

あなたの子供と素晴らしい関係を築きたいですか?

あなたの子供の潜在能力を最大限に解き放つ方法を学びたいと思いますか?

あなたが子供だったとき、あなたの両親に関する思い出には何がありますか?

あなたの子供が成長したとき、子供にはあなたとの思い出としてどんなことが心に残るでしょう?

「保護者兼指導者」になることについて、無料の1時間のご相談で学びましょう!